RO水比較ガイド

RO水で有名なペットボトルの水は何がある?

RO水には色々なものがありますが、例えば紅濱の「やわらか純粋」があります。
やわらか純粋は逆浸透膜によって不純物の多くを除去しているのです。
沖縄北部で採水された水を原料にすることによって非常に純度の高いものに仕上がっています使用用途としては料理や赤ちゃんのミルクなどに使えるということです。
その他には「RO.ピュア・ウォーター」も有名なものではないでしょうか。
2リットルのペットボトルと500ミリリットルのペットボトルとがあります。
水源地は蔵王の自然水で、これを逆浸透膜によって生成したものです。
赤穂化成の「純水」も有名なものの一つではないでしょうか。
原料としては室戸海洋深層水を使っています。

 

このようにRO水にはいくつかのメーカーがペットボトルとして販売しています。
逆浸透膜法を使って作られた水は非常に純度が高くて、水以外の成分がほとんど含まれていないといえるでしょう。
水以外の成分がほとんど含まれていませんから、メーカーによる違いはあまりないと言えます。
また多くのメーカーでは2リットルのペットボトルと500ミリリットルのペットボトルとの両方を販売していることがあると思いますが、ふたを開けてからはできるだけすぐに飲むのが良いといわれています。
というのも、せっかく純度が高いにもかかわらず、余計なものが混入してしまう可能性があるからです。
RO水は有名なものというよりも信頼できるメーカーのものを選ぶのが良いと思います。