RO水比較ガイド

RO水は、保存が効かないの?

RO水はもっとも保存に適しているといえるでしょう。
というのも水以外の成分がほとんど含まれていないために、劣化するということが考えにくいといえるでしょう。
ですから充填したパッキングした状態で保存をするのであれば数年単位で保存が可能なものもあります。
この点についてはメーカーによってもことなりますから、メーカーに直接尋ねてみるという事も必要となってくると思います。
一つの例を挙げるとすれば5年保存水というものが販売されています。
5年間は保存できるというもので、災害用の備蓄などに適しているといえるでしょう。
このように非常に保存期間が長いものもあると言えるでしょう。

 

しかしながら開封してしまうと長期の保存は不可能だと考えたほうが良いと思います。
長くても数週間くらいだと考えておくべきでしょう。
ペットボトルで購入したRO水については、すぐに飲みきるということが必要となるでしょう。
というのも、水以外の成分がほとんど含まれていないということは、雑菌によっては非常に繁殖しやすいものもいるのです。
ですから開封したものをもう一度ふたを閉めて保存するということはあまり考えないほうが良いでしょう。

 

このようにRO水には長期保存をすることができるものもあります。
また、将来にどのようなことが起こって水が必要になるのかは分かりませんが、そのときにも余計な成分を含んでいないRO水は色々な応用が効くと思いますので、いざというときの備蓄用には適しているといえるでしょう。