RO水比較ガイド

RO水と、浄水器を通した水の違いは?

RO水と浄水器を通した水との比較をするときには、その浄水器がどのような性質のものであるのかということを考えなければならないでしょう。
まずRO水ということについてですが、これは逆浸透膜法という方法によって作られた水です。
逆浸透膜法によって不純物を取り除いて、水以外のものはほとんど含まれていないものと考えるのが良いでしょう。

 

浄水器には色々なタイプのものがありますが、基本的には不純物を取り除くものだと考えるのがよいと思います。
これが浄水という機能でしょう。この取り除く不純物についてですが、どのような物質を取り除くのかということが浄水器によってことなるといえるでしょう。
ミネラルは取り除かずに有害な成分だけを取り除くというタイプのものもあります。
有害な成分としては、例えばハロゲンに置換された有機物などもありますし、重金属イオンなどもあるでしょう。
このような有害な成分だけを除去して、基本的なミネラルは除去しない浄水器がありますが、このような浄水器を通した水はRO水ではなくて、軟水のミネラルウォーターに近いといえると思います。

 

最近では浸透膜を用いて生成するタイプの浄水器もあります。
このような浄水器の場合には水以外の成分をかなり除去することに成功しているようです。
また逆浸透膜浄水器というものも販売されていますから、浄水器が逆浸透膜法を使っているのであれば、その浄水器を通した水はRO水であると言っても良いと思います。