RO水比較ガイド

RO水って安いの?

RO水の価格についてですが、これはメーカーによってもことなりますし製品によってもことなるでしょう。
例えば500ミリリットルのペットボトルで100円前後のものが多いようですから、安いというわけでもありませんし高いというわけでもありませんから、妥当な価格であると考えるのが良いと思います。

 

RO水とは言っても色々な違いがあります。
逆浸透膜法では半透膜と呼ばれる膜を使いますが、この膜の精度というものが品質に大きく影響してくるでしょう。
つまり逆浸透膜法を行ったにもかかわらず、膜が劣化していたのであれば水以外の成分が透過してしまう可能性があります。
このような品質の管理はメーカーによってことなりますから、品質管理をきちんと行っているのであればそれだけ費用がかかるはずですから価格は高くなる可能性があります。
またメーカーによっては逆浸透膜法を二度用いている場合もあります。
二度用いることによって、より高い純度を得ることに成功しているメーカーもあるのです。
このような違いがありますから、RO水と言っても品質には色々な違いがあると考える必要があるでしょう。
ですから価格については、品質や管理体制によって大きく異なるといえるでしょう。

 

価格への反映は何を原料としているのかにも寄ります。
多くの場合は天然水を原料としているようですが、海洋深層水を原料としている場合もあるでしょう。
ですから原料となる水によっても価格はことなってくると言えるでしょう。