妊娠中の過ごし方はテレビよね?

みなさんは、 妊娠中の過ごし方をどのようにしようと考えていますか? 産休中は、給料の補填を目的として、健康保険から「出産手当金」が支給されるのです。
出産手当金の対象になるのは、基本的に産休をとり、会社に復帰する人のことですが、退職してからもらえる場合もあるのです。
産休に入れば、会社に行かない毎日が新鮮で、ゴロゴロとしてテレビを見たり、寝坊をしたり、ショッピングに出かけたりと、初めのうちは生活を楽しめるでしょう。
しかし、そのような生活を続けていたら、そのうちにやることがなくなり、逆に、毎日ストレスとなってしまうこともあるのです。
そして、子どものいない最後の大切な時間を楽しむことが、できなくなってしまうのです。
子育て中の方のほとんどが、「妊娠中にもっと楽しんでおけば良かった・・・」と思っているのだそうです。
赤ちゃんが産まれたら、しばらくはゆっくりと過ごす時間なんてないのです。
だから、妊娠中の暇な時間をもっともっと楽しんでおけば良かった・・・と、みなさん後悔されているのでしょうね。
今、育児に追われているママの「あの時、あんなことしておけば良かった・・・」という意見から、妊娠中の過ごし方をここでは紹介しますね。
・映画や読書・・・映画館へ行ったり、のんびりとカフェで読書をしたりすることは、赤ちゃんが生れたら不可能ですよね。
・マタニティヨガ・・・じんわりと汗をかいて、体がほぐれて、体がスッキリとします。
また、出産時にうまく呼吸ができるようにもなるのです。
赤ちゃんが生まれてからは、当分行くことができないですからね。
時間がある今だからこそ、会社や業界のことなどの情報を収集しておくといいですよ。
・入院、出産子育ての準備・・・ネットや雑誌などから、必要な情報を集めて、事前に準備しておきましょう。
そのほか、ショッピングや街歩き、昼寝も今だからできること。
存分に楽しんでおくといいでうよ。