転職するなら資格やスキルを持っている方が有利?

転職活動は辞職前から行い、転職先が決まってから辞職するのが理想です。
退職してからの方が時間に余裕が持てますし、間を置かずに働き始められますが、転職する先がなかなか決定しないこともあります。
職の無い期間が半年を超過してしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を退職しないようにしましょう。
大学卒業を控えた人が就活を始める時期については、遅くても大学3年生の冬頃から始めることが望ましいです。
また、既卒の状態でまだ就職先が決まっていない人は、早期に就職することを考えた上で、応募しようと思っている会社が求人を募集した時から即行動に移すべきです。
仕事を変えるときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を持っていると採用の決め手になってくれるかもしれません。
このMOS、実はマイクロソフト社の公認のPCスキルがあることについて証明してくれるすっごく有益な資格です。
この資格を取得しているということは、ほとんどの企業で当たり前に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識やスキル等を証明できるのです。